健康でいるには病院とうまく付き合う

健康管理では、個人的な健康状態や習慣も重要になります。

健康でいるには病院とうまく付き合う

健康管理と遺伝から見た病気

健康管理では、個人的な健康状態や習慣も重要になります。一般的な食事や運動や睡眠などの基本的な常識を理解したうえで、初めて自分の健康管理の課題に取り組むことになります。人間には過剰の先入観や固定観念があるもので、それを一般常識で診断して修正する必要があります。それを一般的な常識的な健康の基本的知識でコントロールするわけです。その次に、今度は個別の内容に入ります。自分の具体的なダイエットやメタボ予防です。

この場合には、まず遺伝を考えます。自分の身内の情報は付き合いの長い分よくわかります。親もですが祖父母や親せき、またもっと前の先祖の病気や性格に関する情報をできるだけ集めます。特にある特定の病気が多い場合、例えば癌が多いとか、糖尿病だとか、痔だとかいろいろありますので、自分の母方と父方で整理をしておきます。特に、自分が生きている期間の状況を確認します。

そうすると、両親の両方の血を受け継いでいますから、何らかの理由で同じ病気を体験する可能性があります。健康管理では、まず身内の家系から調べておくと、同じ病気になっても対処しやすくなり、精神的なショックも少なくてすみます。やっぱりか、ということで考えることができるからです。そのように遺伝ということは体験的な事実としても考えておくべきです。

健康・医療・健康関連情報。深く知るならココがおすすめですよ