健康でいるには病院とうまく付き合う

健康管理では、遺伝との因果関係が明確になっていないということが言われていますが、例えば親の性格を自分が年を取るに従い自覚するという体験があります。

健康でいるには病院とうまく付き合う

健康管理と遺伝と注意点

健康管理では、遺伝との因果関係が明確になっていないということが言われていますが、例えば親の性格を自分が年を取るに従い自覚するという体験があります。40過ぎになると鏡を見ればそこに自分の親が見えるという話も聞いたことがありますが、それ以上の年齢になると、鏡を見ながら、まるで親とそっくりだと驚くことがあります。長所も短所もですが、特に短所を見るとがっかりしたりもします。それはそのまま体にも言えます。持病などです。

親と同じ持病が程度は違いますが、あったりします。それも両親両方の遺伝です。そうなるとそれらの病気を中心に健康管理をしていると、完全にではないですが防ぎやすくなります。隔世遺伝ということもあり、祖父母とそっくりだということもあります。いずれにしろ原因があって結果があるわけですから、まったく似てない方が異常です。

そのように親の今までの健康状態、特に世代ごとの状態を知っていると同じようになることもあるので、軽くすむ対策も立てられます。例えば40代になると精神的に不安定になり、非常に苦しんだということがわかると、その世代での対処ができます。また両親が同じ病気、例えばアレルギーなどがあれば、ほぼ確実に自分にもその傾向があるとなります。そのように参考になる資料を親族は持っています。

健康・医療・健康関連情報。深く知るならココがおすすめですよ